どんな働き方?派遣で働くメリットとデメリット

派遣の求人が多い業界教えます

メリット&デメリット

LINEで送る
Pocket

派遣という雇用形態について

アルバイトやパートなどさまざまな雇用形態のなかで、派遣として働く場合どのような特徴があるのでしょうか。
また派遣で働くうえでの条件や環境は、実際に現場で勤務してみないと分からないこともあります。事前に現場でのルールや働き方を調べて、派遣でのメリットやデメリットもあわせて考えてみましょう。

派遣という雇用形態について

派遣のメリット

派遣として働くメリットは、ある一定の期間を決めて働ける点です。正社員であれば退職しようと思っても、すぐには離職できないものです。特に契約社員は、採用条件時の決まりから途中退職が非常に難しい場合もあります。無理に辞めようとして大きなトラブルに発展することもあり、注意が必要です。一方で、派遣の特徴として雇用期間の更新や延長が自分で決められるため臨機応変に動ける点もあります。柔軟に対応できる点こそが、派遣のメリットといえるでしょう。時短で働きたい場合や、曜日を指定して働きたい場合なども要望が通ればその勤務形態が可能になるのです。労働派遣法によって、最長3年後には正社員になる可能性もあります。さらに転職までの期間、派遣としてさまざまな経験を積むこともできます。
将来の夢に向けてのステップアップにもなる派遣は、振り幅の広い雇用形態ともいえます。そして自ら派遣を希望して働くうえでは、正社員に比べ責任や雇用トラブルも少ないため、利用しやすいでしょう。

派遣のメリット

派遣のデメリット

派遣で働くうえでの雇用形態に不安がある人も少なからずいるでしょう。派遣の不安は職場での立場が弱いことや、正社員と同様の労働を求められることにあります。さらにその時の業績によっては、リストラ対象に真っ先になるのが派遣なのです。人件費削減のため、常に解雇リスクが近くにあることは、不安な部分でしょう。もしリストラされた場合の準備も必要で、事前にシミュレーションしておかなくてはいけないのです。
また労働派遣法により、同一事業所の同業務で3年以上の就労が不可能である点がデメリットとなっています。基本的には3年以上の継続勤務が認められていないため、その後は同一事業所に期間延長の申し出をしてもらったり受け入れ先の組織を変更してもらったり、もしくは派遣先を変更する必要があります。仮に派遣先を辞めた場合、再度勤務先を考えなければならないため、精神的にもストレスが大きくかかってしまいます。
派遣で働くことは、メリット、デメリットが共存することを把握しておきましょう。

派遣のデメリット

派遣の仕組みを知りたいならこちらがオススメ!

  • 派遣とその仕組み派遣について
    派遣とその仕組み

    派遣とは、派遣会社に雇用されている社員のことをいいます。派遣の種類には、派遣正社員と派遣非正規社員があります。派遣として従事できない業務として、建設業務・港湾業務・医療関係業務などがあります。派遣で働ける期間は、最長3年までで限定的です。

    続きを読む

特集カテゴリー

派遣の求人を知ろう

派遣で働くというのはどのような形態で働くことなのでしょうか。ここでは、正社員やアルバイト、パートではなく派遣として働くメリットについて紹介します。派遣で働く仕組みを知り、派遣の求人の多い業界をみつけ自分にあう働き方を模索してみましょう。

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせ、ご質問などがある場合または、本規約の記載事項に違反するような行為を発見された場合には、こちらからご連絡をお願いいたします。

派遣の求人を知ろう